生産完了品

TC Electronic Röttweiler Distortion

</> ビデオを埋め込む

<iframe width="640" height="360" src="//www.youtube.com/embed/?rel=0"></iframe>

モンスター級     ハイゲイン・メタル・ ディストーション

過激な歪みを提供しながらも音楽的であり続けるメタル・ディストーション・ペダル、Röttweiler Distortion。超タイトなスラッシュ・メタルからダウンチューニングのヘヴィーなリフ、正統派のヘビメタあるいはモダン・メタル系サウンドに至るまでの広大な範囲をカバー。大胆不敵な態度と反抗的な攻撃性を音楽的に表現します。

 

  • ウルトラ・ハイゲイン・メタル・ディストーション
  • 2 バンドのアクティブ EQ
  • ヴォイシングを切り替える VOICE スイッチ

いつでもすぐに使える「過激」

Röttweiler は、ソフト・クリッピングを特徴とする完全アナログの歪み回路をベースに設計されています。 スケール感のあるディストーション・サウンドでありながら、常にナチュラルなサウンドを出力します。

繊細なトーンの調整が可能

Röttweiler は、はっきりとしたアグレッシブなサウンドを出します。もっとも、そのサウンドは BASS と TREBLE、2 バンドのアクティブ EQ を使って柔軟に調節できます。モーターヘッドまたはブラック・サバス風のサウンドから、よりモダンなスラッシュ・サウンドまで簡単に作れます。

VOICE スイッチ

VOICE スイッチは 2 種類の異なるサウンド・スタイルを切り替えます。ひとつは、マストドン、ザ・スウォード、カイアスなどのバンドで知られる粘りのあるクランチひずみ系。もうひとつは、メタリカ、パンテラ、スリップノットなどでなじみのある、アグレッシブな「ドンシャリ」系です。

主な機能・ノブ/スイッチ構成

ヘビーかつ圧倒的、タイトでありながら響き渡る音など、Röttweiler は多彩なディストーション・サウンドを作るためのパワフルなツールを装備しています。

VOICE スイッチ

2 種類のヴォイス・タイプを切り替えます。大まかにいえば、一方は「ドンシャリ系」、もう一方は「ブラックメタル系」です。

GAIN ノブ

ゲイン量を調節します。低めの設定ではミディアム・メタル・ドライブ、高めにすると、ハイゲイン・メタル・サウンドが得られます。

BASS ノブ

低域の EQ レベルを調節します。低めの設定では、大型キャビネット使用時には特に、よりタイトなサウンドを得られます。高めにすると、パンチが増します。

LEVEL ノブ

全体のレベルを調節します。右に回すとレベルが上がり、左に回すと下がります。

TREBLE ノブ

高域の EQ レベルを調節します。低めの設定では、よりソフトなトーンになります。高めにすると、バンド全体のなかに埋もれにくい突出したサウンドになります。

True Bypass

TC のドライブ・ペダル製品にはトゥルー・バイパスが装備されています。使用環境に関わらず、常に最適なクオリティーのオーディオ信号を得ることができます。

Röttweiler Distortion の主な特徴

  • 超ハイゲイン・ディストーション
  • どんなアンプでもフル出力のメタル・スタックに変身
  • BASS/TREBLE、2 バンド・アクティブ EQ
  • VOICE スイッチ
  • トゥルー・バイパス
  • ネジ 1 つでバッテリーを交換可能
  • 過酷なライブ環境にも耐える頑強なカスタム「ハンマーヘッド」設計のダイキャスト・アルミニウム・ケース 

ビデオ

Troy Sanders trying the Röttweiler

</> ビデオを埋め込む

ギャラリー

Röttweiler Distortion アーティスト

レビュー

Guitar World
by Chris Gill

No matter where the gain or EQ controls are set, the distortion tones handle both rhythm and lead duties well, with single-note lines maintaining plenty of body and presence even when the bass is booming and the treble is razor sharp.

Guitar Player
by Art Thompson

Even at full saturation, the Rött can slice right through a crowded band mix. Subtle, it's not. In fact, this pedal is so deliciously evil, that if I owned a Rottweiler dog, I might be a tad offended.

Guitarist
by Trevor Curwen

If it's gain you're looking for it's all here - the range here runs from 'plenty' to 'shedloads' catering for chugging rhythms, taut riffing or lead breaks. This pedal will project your sound even without using the widely adjustable treble and bass.

続きを読む Guitarist
Total Guitar
by Stuart Williams

We were impressed with how well the Röttweiler deals with pick definition and note separation. Even at its filthiest settings, and with the mid-scoop voicing, we could hear every note.

iHeart Guitar
by Peter Hodgson

Even at the lowest level on the Gain control, the Röttweiler is punchy and gritty. Turn the Gain up and things get quite hairy indeed (...) It has plenty of grit and grind for scooped metal rhythm work, but it’s equally adept at smooth, midrangey solo tones too. It’s rare to find a pedal that can do both equally well.

続きを読む iHeart Guitar
Delemar
by Jens Geilich

Last but not least ... I am also very impressed with the dynamics which is very rare in the high-gain pedal department. The Röttweiler turns out to be one of the very few exceptions.

続きを読む Delemar

受賞歴

おすすめの関連製品 ...